一歩の写真散歩

ippoippoik.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 03月 31日

東京・横浜ワンナイトクルーズ -6:トワイライトタイム

e0152866_14285919.jpg

         乗船前に調べたところによるとこの日、東京の日入りは17:49とのことでした。
         照明も点灯されそろそろ夜のとばりが降りはじめる頃ですがまだ結構明るいです。

         航跡を飽きずに見ていると船旅している実感が湧いてきます。


e0152866_14412212.jpg

      左手に2月に開通したばかりの話題の東京ゲートブリッジが見えたので望遠で引きつけて
      みました。
      
      恐竜がにらめっこした様にみえることから恐竜橋とも呼ばれているそうですが羽田空港の
      高さ制限と大型船の航行を配慮した結果、このユニークな形になった様です。
      (片寄った構図の写真になってしまいました。^^; )      


e0152866_15333550.jpg

      飛鳥Ⅱはモダンで美しい客船ですが、中でも船尾の5層からなるデッキが織りなす曲線は
      特徴的で美しいと思います。
      桟橋から撮影したり見送ってばかりいるとこのデッキに立つことがいつの間にか自分の中
      で憧憬となっていた様で今そこに立っていることに心の充足感を覚えました。^^;


e0152866_15433484.jpg

      出港から1時間が経ちました。ワンナイトのせいなのか乗船客は船内の方がお好きな様で
      デッキにはほとんど姿を現しません。

      デッキと言えば、にっぽん丸とふじ丸に見学で乗船したことがありますが、ウッドデッキ
      ではなかったのがとても残念でした。その点、飛鳥Ⅱはウッドデッキなので歩いていて
      靴底のかすかな反発が心地よく客船としての上質感を感じました。
      

e0152866_1544893.jpg

      飛鳥Ⅱは順調に南下を続けています。

      プロームナードデッキもほぼ独占状態でした。
      私の様な写真おじさんはあまり乗ってなかったのかも知れません。^^
      もうすぐ日没なのでそろそろ船内に引き上げることにします。
      
      

-continue-

by ippoippoiku | 2012-03-31 12:26 | クルーズ | Comments(2)
Commented by y-Sharaku at 2012-04-04 10:50
こんにちは。
東京ゲートブリッジはなんとなく戦前の重量的な構造物的なイメージがしてしまいます。
恐竜。とは言い当てていて妙です。
飛鳥Ⅱの船尾デッキで私も娘と初めて卓球をした思い出深い場所です。
私もデッキに出て海を眺めているのが好きですが、多くの方は船の中で過ごす方が多いですね。
せっかく乗ったので、船内でのショーやアトラクションなどで過ごしたいのでしょう。
私の場合船から海を眺められればいいので、貨物船でもOKです(笑)
Commented by ippoippoiku at 2012-04-04 23:54
Sharakuさん、こんばんは。
おっしゃる様に東京ゲートブリッジは吊り橋の様な美しさはありませんね。
分類としてはトラス橋になりますが見た目よりかなりハイテクでできている様ですよ。^^
でももしロングクルーズしたならば迎えてくれるのは美しい吊り橋でありたいですね。

ロングクルーズならデッキで海風に吹かれて船旅を満喫したいとも思うの
でしょうがワンナイトのせいかせっかく豪華客船に乗ったんだから船内を
楽しみたいって人が多いのかも知れませんね、私達と違って^^

当初の予定より長くなってしまいましたが後、1~2回で終わる予定です。
普段、イベントの少ない日々を送っているのでお許しあれ。^^;


<< 東京・横浜ワンナイトクルーズ ...      東京・横浜ワンナイトクルーズ ... >>