一歩の写真散歩

ippoippoik.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 06月 07日

梅雨入り前に

e0152866_18424035.jpg

3ヶ月振りの更新です。
少し落ち着いてきたので梅雨入り前の晴天の日、拙宅から電車と徒歩で20分程度のところにある

『伊藤博文金沢別邸』を訪れてみました。


歌川広重の金沢八景の一つ『野島夕照』で知られる野島の公園内にあります。

(詳細:http://park.hama-midorinokyokai.or.jp/hakubuntei)

これまでも度々訪れてはいたのですが、開館時間の関係で今回初めて内部を見学しました。


e0152866_18484786.jpg

伊藤博文公は言うまでもなく我が国の初代内閣総理大臣です。

肖像写真をあえて初夏の庭の映り込みを入れて撮ってみました。

e0152866_18510721.jpg

書生か使用人の部屋でしょうか、調理場横の三畳の間からの中庭です。


e0152866_19113426.jpg
日本家屋の室内に挿し込む陽光が作りだす陰影は印象的ですね。


e0152866_19150491.jpg

湯殿です。サワラ材でできた箱風呂がしつらえてありました。
ここで博文公が汗を流して湯船に浸かり国の将来を考えたのでしょうねきっと。

e0152866_19180293.jpg

歴史を刻んだ窓辺に射す午後の陽光。
明治維新を成し遂げた歴史上の著名人が多数出入りしたであろう建物の中の空気感はどこか
違う様に感じます。
横浜のクラシックホテル ニューグランドについて著した『横浜の時を旅する』の山崎洋子さん
の表現を借りればまさに当時の時が回遊している様に感じられました。

(宜しければカテゴリー”stay”の“The New Grand”も御覧下さい。)

e0152866_19264802.jpg

客間棟と居間棟を回廊の如く囲む内縁の曲がり部です。日本家屋独特の風情があり憧れます。
夏場の別荘として使われていたのでしょう、実に開放的な建物です。


e0152866_19323676.jpg

庭園では管理の方が芝に水を撒いていました。これから梅雨が上がった後の管理は大変でしょうね。
ガラス戸は木製枠に表面が波打った昔の製法で作られたガラスがはめ込まれていました。

e0152866_19341558.jpg

ガラス戸が開け放たれ、心地良い風が入る帰帆の間で抹茶と和菓子を頂き辞しました。

過日、歴史好きの郷里の友人が訪ねて来てくれた時、案内できたら良かったなと思いました。
また、じっくりと訪れてみたいと思います。










by ippoippoiku | 2015-06-07 20:15 | 横浜-2 | Comments(6)
Commented by km0103 at 2015-06-11 14:54
ippoippoikuさん こんにちは
以前TVか雑誌で見たことが有りました
それ以前にこの地の対岸の某会社に居た頃を思い出しました
こんなに近い所だったのですね懐かしいです。
Commented by ippoippoiku at 2015-06-11 23:22
km0103さん コメントありがとうございます。
ここの近くでお勤めしたことがあるんですか。
横浜にお越しの際は是非訪ねてみて下さい。
Commented at 2015-06-16 11:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ippoippoiku at 2015-06-16 13:46
内緒さん、コメントありがとうございます。
私もかつて頂いたコメントに非公開で応じて失敗したことが
ありました。^^;
世の中にはいろんな人がいて、嫌な思いをすることもあり
ますね。コメント欄ではありませんが私もかつて不快な経験
がありエキサイトに引っ越しました。

私の写真に少しでも気を留めて頂けて嬉しく思います。
内緒さんの写真もそうですが、写真は写心と言われる様に
気持ちや人柄が写るので一人でもそれを感じとって頂ける
人がいるのはとても嬉しいことですね。^^

更新は不定期で牛歩ならむ亀歩ですが、こちらこそ
宜しくお願い致します。
コメント欄が閉じられていたら"いいね”で作品に応えさせて
頂きます。
Commented by tajiri8jp at 2015-09-04 19:56
こんにちは。
伊藤さんは我が地元、初代兵庫県知事でもあります(笑)。
Commented by ippoippoiku at 2015-09-05 00:08
tajiri8jpさん、コメントありがとうございます。
そうだったんですか、知りませんでした。
今の政治家を見ていると博文公だけでなく明治の
政治家の大きさを感じますね。武士道精神を受け継いで
いるというか肝が据わっているというか...。


<< いいことノート      港の顔 >>