一歩の写真散歩

ippoippoik.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 12月 12日

lipsticks

e0152866_01082040.jpg

夜景撮影にはまった頃の思い出の場所を訪れてみました。あれからもう10年ぐらいになるでしょうか。
同じタイトルをつけてみましたが、あの頃と同じ気持ちになれなかったのは単に歳月の経過からくる
感受性の変化だけではないのかも知れません。



by ippoippoiku | 2015-12-12 01:39 | 夕景・夜景 | Comments(4)
Commented by km0103 at 2015-12-12 08:51
お早うございます
素敵で洒落たタイトルですよ!末尾のSに思いを感じます。
世の中の荒廃が続けばこの画も「核ミサイル発射!」となり兼ねないですが人類の愚かさがレッドゾーンを超えないことを祈るばかりです。
Commented by ippoippoiku at 2015-12-12 16:48
km0103さん、コメントありがとうございます。
そうですね、核ミサイルではなくいつまでもリップスティックを
連想する世の中であり続けて欲しいですね。女性の活用は経済だけで
なく政治の世界にももっと広がったら世の中も変わってくるのでは
と思います。
Commented by y-Sharaku-2 at 2015-12-12 21:24
今晩は。
夜景撮影お疲れ様でした。
同じものを撮っても以前と同じ気持ちで撮影できることは私も無いです。
最初に撮った時の興奮が次回もあるとは限りません。
逆に2度目の方が新たな気持ち(感性)で撮ることもありますが、稀です。
一歩さんはそれに加えて今年は大きな節目があったからだと思います。
でもこの作品は素敵ですよ!一歩さんらしい感性です。
Commented by ippoippoiku at 2015-12-13 01:41
Sharakuさん、コメントありがとうございます。
久しぶりの夜景撮影でした。ファインダーを覗いている間は他のことは
頭に浮かばないのですが場所を移動する間、思い出の多い場所だけに
いろんな事が去来し寂寥感が頭をもたげてきました。人少ない夜のせいも
多分にあったのかも知れません。
写真は写心、私に限らずいいことも悪いこともいろんな体験の積み重ねが
個性として写真に現れるのでしょうね。お気遣いありがとうございます。


<< 夕照の富士遠望      晩秋の街角-3 >>