一歩の写真散歩

ippoippoik.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 07月 28日

Lucy 201907

平日の昼に来れない人の為に催された みなとみらいホール1ドルコンサート初の夜公演
に行ってみました。
e0152866_11045499.jpg

この日の奏者はドイツのエファルト大聖堂のオルガニスト"シルヴィウス・フォン・ケッセル"
演奏中の撮影ができないのが残念です。
[演 目]
 ・J.B Bach チャコーナ変ロ長調
 ・J.S Bach オルガン協奏曲イ短調 BWV593(原曲 ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲イ短調RV522)
 ・Ch-M.ヴィドール オルガン交響曲第6番ト短調 Op.42 第一楽章
 ・シルヴィウス・フォン・ケッセル J.S.Bachの主題による即興曲
 

e0152866_11035190.jpg


光を意味するLucyは、高さ12m×幅12m×奥行3.6mで外から見えているパイプは72本ですが実に4623本の大小のパイプで構成されている壮大な楽器です。

e0152866_11021751.jpg
バルコニー席からの眺めです。今夜の演奏は、Lucyの持つ性能が奏者の巧みな技とホールの優れた音響性能により重低音からピッコロの様な繊細な音色までが引き出され感動的でした。

e0152866_11052856.jpg

設置後の整音作業を含めると完成までに7年を要したLucy、楽器としての性能だけでなくすべてのパイプオルガンがそうである様にオーダーメードのLucyには横浜らしい彫刻が施されています。またパイプの下にあり音を発生する振動板のある歌口(穴の開いた部分)の配列がカモメが翼を広げた形になっているのは演奏前の説明で初めて知りました。

e0152866_11021751.jpg
夜の1ドルコンサートは初めての試みであったこともあるのでしょうが観客は5割に満たなかった様に見受けられました。魂に触れる様な荘厳な音に浸れる演奏が1ドル又は100円(シニアは無料)堪能できるのは申し訳ない様な気がします。
 
e0152866_11031945.jpg
 一人だったので感動を共有できなかったのが残念でしたが余韻に浸りながらホールを後にしました。
e0152866_11060802.jpg





# by ippoippoiku | 2019-07-28 03:02 | 横浜-2 | Comments(0)
2019年 04月 17日

写真展終了のお知らせ

e0152866_11094704.jpg


















たくさんのご来場ありがとうございました。
お蔭様で無事終了致しました。

個展の形を取っているので会場に毎日足を運んだので
いささか疲れましたが充実した1週間を過ごすことが
できました。感謝!!



# by ippoippoiku | 2019-04-17 11:22 | information | Comments(0)
2019年 03月 30日

写真展のご案内

下記写真展に参加します。宜しければご来展下さい。

第17回YOKOHAMA星団(共同個展)
 ・期間 2019年4月10日(水)~16日(火)
 ・時間 10:00~17:00(初日13:00~/最終日16:00迄)
 ・会場 磯子区民文化センター 杉田劇場ギャラリー(らびすた新杉田4F)
 ・アクセス
    JR及び横浜シーサイドライン 新杉田駅下車 徒歩3分
     京浜急行 杉田駅下車徒歩5分
 
        

e0152866_10113797.jpg


 



# by ippoippoiku | 2019-03-30 10:48 | information | Comments(0)
2019年 03月 10日

concert 201902

e0152866_22065700.jpg

初めて横須賀劇場にある小ホール "ヨコスカベイサイド・ポケット"に、N響の若手メンバー3人によるアフタヌーン
コンサートを聴きに行ってみました。
クラシックは好きですが精通している訳ではないので、ドビュッシー、サンサーンス、ラフマニノフ、シューマン
ブラームスの五大音楽家の聞き覚えのある曲で構成されたプログラムは嬉しかったです。

バルコニー席を初めて取ったのも正解でした。若き才能達が奏でるチェロ、ヴァイオリン、ピアノの音色と真剣な
表情やピアノのダンパーの動きまで良く見えて臨場感を堪能できました。

比較的、自宅に近いのも好ましくまた訪れてみたいと思います。生音を聴けて少し豊かな気持ちになれれば
いいので安価なコンサートの時に限られますが ^^ 






# by ippoippoiku | 2019-03-10 23:31 | 日常 | Comments(0)
2018年 12月 25日

晩秋から初冬

e0152866_02182282.jpg

             散歩の途中で目にしました。この切り株の芽ではないとしても命の連鎖を感じました。

e0152866_02183437.jpg
           写真家のハービー山口さんの著書の中に、春には希望が写り秋には寂しさが写るとありました。
           ハートの形をした葉を持つこの木も大半が散ってしまいましたが、赤く染まりかけたもの
           真っ赤に染まったもの、そして今にも散りそうなものが少しだけ残っていました。人のこころの
           うつろいを表している様にも見えますね。
           その時の心の持ち様と言ったらそれまでですが、自然はいろんな気づきを与えてくれます。
                   
e0152866_02184545.jpg

           きのこの様な、あずまやがあったのでちょっと休憩です。
           ちなみに、夏には色気が写り、冬は背中に人生が写るとか。言い得て妙ですね。


# by ippoippoiku | 2018-12-25 11:55 | seasons | Comments(0)