一歩の写真散歩

ippoippoik.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:Queen Mary 2( 8 )


2009年 04月 10日

Queen Mary2 2009 寄港 part8 final

横浜を出港してひと月が過ぎてしまいました。
今日現在、QM2は大西洋上を4/14終着港となるニューヨークに向けてクルージング中の様です。
クルーズの終わりが近づく頃ってどんな気持ちなのでしょうね。
そろそろ、乗船客の皆さんは現実の世界に戻る心の準備が必要な頃かも知れませんね。

私のQM2もそろそろ出港させなければなりません。^^
今回が最後となります。

↓ 『クイーンズ・グリル』がちらっと覗けました。
e0152866_9273169.jpg


あら、オバマさん何故こんなところでウエイターを? 
ここはクルーズ代金約600万円以上の乗船客向けレストランの様です。

↓ ラウンジにあるバーです。昼間ですから空いてますね。
e0152866_929661.jpg


e0152866_9295887.jpg

↑こういう物も撮らないと船に乗っているのか分からなくなってしまいます。

さてDeck-7を後にしてDeck-9に上がりましょう。
e0152866_9314388.jpg

↓ Deck-9見取り図:キュナード社HPより
クリックし拡大して御覧下さい。
e0152866_9323522.jpg


↓ 船首にあるバーラウンジ『コモドール・クラブ』です。
落ち着けるなかなかいい雰囲気のバーでした。
e0152866_936305.jpg

e0152866_9384525.jpg


↓ 窓際で本を読んでらっしゃる方がいらっしゃいました。
風雨の外と隔絶されたゆったりといい時間が流れていますね。
ちょっとお邪魔してしまったかな。
e0152866_94158100.jpg


e0152866_9431385.jpg

↑ 外は雨の中、シャトルバスとトイレの長蛇の列です。
この時は下船後、さらにひどくなった風雨の中で一時間近く自分も並ぶことになろうとは思ってもいませんでした。

e0152866_9445196.jpg


船尾方向を見るとずらりと客室が並んでいます。
e0152866_945451.jpg


さあ、いよいよ見学も終わりです。出口に向かいます。
↓ ここはDeck-2だったと思いますが定かではありません。
航海中の退屈を紛らわす為かジグソーパズルが置いてありました。
e0152866_9473178.jpg


↓ この出口を出たら夢のひと時は終わりです。^^;
e0152866_9482832.jpg


雨と風がひどくて外観はほとんど撮れませんでしたが最後に一枚だけ。
e0152866_9501970.jpg


仮設のCIQで下船手続きをして解散となりました。
それから一時間近く、シャトルバスを風雨の中で待つはめに…(ーー;)
まるで天国と地獄を味わった様な一日でしたが充実した一日でした。

おしまい。^^

<あとがき>

1万人を超える応募の中から船内見学に参加できたのは幸運でした。
やはり写真やインターネットからは伝わってこないものが実物にはあることを改めて感じました。
五感で感じるものって大きいですね。五感と言っても味覚は使ってませんが…^^;

もし自分が、小学生か中学生の頃にこんな船を見学していたらまた違った人生を歩んでいたかも知れません。
夢の実現には先ず強い『憧れ』が必要ですからね。

来年のワールドクルーズでも日本寄港が決定していて2月に長崎と横浜に入る様です。

<今回見学したくてできなかったところ>
1.客室:数百万もする客室を遊ばせておくことはないでしょうからクルーズの途中じゃ無理ですね。
2.チャーチルズ:麻生さんが好みそうなシガー・バーですが、見学者がどやどや入るところではないですね。
3.カジノ:ちょっと雰囲気だけでも覗いてみたかったです。
4.ブリッジ:男はいくつになってもこういう所に憧れます。^^
5.機関室:技術屋としてはこの巨体を動かす機関を見たかったなあ。

長きに渡り、お付き合いならびにコメントありがとうございました。

by ippoippoiku | 2009-04-10 09:24 | Queen Mary 2 | Comments(0)
2009年 04月 04日

Queen Mary2 2009 寄港 part7

このシリーズもPart-7になりました。
今までの最長はクイーンエリザベス2の入港時だったのですがそれを上回りそうです。
次回でラストになりますので今暫らくお付き合い下さい。

さてQM2は昨日、スペインのバルセロナを出港した様ですので今日あたりジブラルタル海峡を通過して大西洋に出るものと思われます。
イベリア半島をぐるりと回り次の寄港地は、フランスのセーヌ河口にあるル・アーブル。
e0152866_1634742.jpg
↑<ノルマンディ地方 出典: フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)より>

この街はルーアンとならび印象派の巨匠モネの愛した街でもありましたね。
寝ながらにして世界の街が向こうからやって来るところがクルーズの一番贅沢なところかも知れません。

また、脱線しましたね。船内に戻りましょう。^^
e0152866_16354977.jpg
↑『イルミネーションズ』を後にして最も船首側にあるエレベータホールに向かう途中にあった写真です。
写真の感じからして先代のクイーンメリーでショーをやったスター達でしょうか。
どこかで見た往年のスターの様な気もしますが・・・誰だったかは思い出せません。

e0152866_16382395.jpg
壁に掛けたプレート
↑贈り主は定かではありませんが、キャプテンとクルーへの感謝のプレートでしょうか。

The best to the Captain and his crew of Queen Mary 2.
We hope always sail with fair winds and smooth seas.

とありました。

e0152866_1642034.jpg
彼女もまた往年のスターでしょうか。

e0152866_16431899.jpg

↑キュナード社のHPから入手したdeck-7の見取図に撮影位置を示します。
クリックして拡大して御覧下さい。
e0152866_16441452.jpg
↑Photo-5
deck-7の船首にあるヘルスクラブです。
おや、ジローラモさんが何故でこんなところに?
カメラを向けたら両手にダンベルを持ってパフォーマンスを見せてくれました。
筋肉ムキムキのインストラクターでした。^^

e0152866_16451885.jpg

雨は益々ひどくなっている様です。
デッキチェアも雨に打たれてちょっと寂しい光景ですね。
晴天の航海中に日がな一日、潮風に吹かれて読書か昼寝でもして過ごしたらさぞかし気持ちいい
でょうね。
ガントリークレーンとデッキチェアの似た者どうしが雨の中、手持ち無沙汰に対峙してました。

e0152866_16474940.jpg

↑Photo-7
ティーラウンジの『ウィンター・ガーデン』・・・だと思います。
この当たりで行ったり来たりしたのでどこにいるのか分からなくなりました。^^;
アフタヌーンティには早い時刻だったのでガラガラでした。

e0152866_16494873.jpg

↑Photo-7
時々、案内表示板を撮っておかないと居場所が分からなくってしまいます。

e0152866_16505221.jpg

↑Photo-8

バイキング形式のレストラン『キングスコート』です。
午後1時を過ぎてましたのでランチをとる人もまばらでした。

-CONTINUE-

by ippoippoiku | 2009-04-04 16:30 | Queen Mary 2 | Comments(0)
2009年 03月 29日

Queen Mary2 2009 寄港 part6

さて、QM2は昨日スエズ運河を通過し地中海をアテネに向けてクルージング中の様です。地中海はこの時期どんな気候なのでしょうね。青い空の下、紺碧の海に
白い航跡を残しながら進む姿が目に浮かぶようです。

一方、一歩のQM2は、雨の横浜の岸壁に繫がれたままです。めったにない機会なのでそう簡単には出港させられません。^^;

次に向かったのは『グランド・ロビー』です。写真はその途中のエレベーターホールです。
e0152866_10515848.jpg
↑Photo-1
厚めの絨毯と磨きあげられた上質な壁面が照明に映えて美しいですね。

e0152866_1057717.jpg
↑Deck-3 bow side
見づらいですが、キュナード社のHPから入手した見取図に見学場所を示してみました。
(クリックして拡大すると見易いです。)

レストランや劇場が集中しているからでしょうが廊下も広いですね。
船全体について言えるのですがとにかくと塵一つなく磨き上げられていて気持ちがいいです。
このクラスの客船としては当然のことでしょうが。
e0152866_118714.jpg
↑ Photo-2

船中央部に位置する『グランド・ロビー』です。客船の玄関であり船の風格が最も表れているところと言っていいでしょうか。豪華ですね。

e0152866_111163.jpg
↑Grand Lobby

上階は“Mayfair Shops”と名づけられていてフェンディ、フェラガモ、ブルガリといった名立たるブランドショップが円形状にぐるりと並んでいます。
縁がなさそうな場所なのでクリスタルで有名なスワルコフスキーのショーウインドウを1枚だけ撮りました。^^;
ちなみに”Mayfair”はロンドンにある高級住宅地だそうですね。

e0152866_11161194.jpg
↑Mayfair Shops-1

e0152866_11192388.jpg
↑Mayfair Shops-2

キュナードのポロシャツなんかクルーズの記念にいいかも。

上階とは優雅な曲線を描く階段と写真のシースルーエレベータで結ばれてました。

e0152866_11242918.jpg


さて次に向かったのは約1100席を誇る『ロイヤルコート・シアター』です。
フルオーケストラによるブロードウェーのミュージカル等が上演されるそうですよ。

↓Royal court theatre
e0152866_11274652.jpg


写真中央右端で何やら楽器を吹いている方がいらっしゃいます。
同じグループの見学者の方なのですが、突然尺八を取り出して演奏を始めました。ちょっとしたハプニングに他の見学者の皆さんも思わず拍手でした。
”俺はクイーンメリーの劇場で尺八吹いたことがあるんだ”って自慢できますね。^^

e0152866_11363627.jpg
↑Illuminations

次は上部構造の最も船首側にある『イルミネーションズ』です。
ここはクラシック・コンサートや映画、各種講演に使われるそうですが目玉は洋上初のプラネタリウムでしょうね。
これだけの施設が整っていると長い船旅も退屈するってことはなさそうです。^^

-CONTINUE-

by ippoippoiku | 2009-03-29 10:49 | Queen Mary 2 | Comments(0)
2009年 03月 20日

Queen Mary2 2009 寄港 part5

長くなりますが乗りかかった船・・・いや乗った船ですから最後まで行きます。
普段、イベントの少ない生活をしてますので今しばらくご辛抱の程・・・^^;
次に向かったのがナイトクラブ『G32』です。

e0152866_1902429.jpg


QM2は、QE2(クイーンエリザベス2)の後継船としてフランスの造船所で建造されたそうですが、その時の船台番号G32にちなんだものだそうです。

QM2の建造に際して面白いエピソードがあります。
運行会社のキュナード社を買収したカーニバル社のCEOは、従来のいかなる客船より大きな船を造りたかった様で、すでにQE2同等の8万トンクラスで
設計が完了していたものをその約2倍の15万トンに設計をやり直させたそうです。
この時、彼はこう言ったそうです。

『この船を造るためにキュナード社を買収したんだ。逆じゃない』

経営者の壮大なロマンでもあったんですね。

e0152866_1912335.jpg

                    <ファンネル4本の黒い船影はタイタニックです。>

一方で悲しいエピソードもありました。
建造の最終段階で作業員とその家族約30人が招待されました。その時、作業用通路が突如崩壊し15m下に落下したのだそうです。この事故で22名が負傷し
子供を含め16人が亡くなりました。痛ましい事故ですね。

不沈といわれていたタイタニックは処女航海で沈み、以前紹介したサファイアプリンセスも建造時に火災を起しました。巨船の建造にはこういったエピソードが
何がしかつきまといますね。
こういった尊い犠牲を伴う教訓から安全と快適さを向上する技術、そしてそれを使う術を人間は学んでいくしかないのかも知れません。

人間が傲慢になりつつある時、神はいつも厳しい形で御意思を示される様な気がします。
そう考えると今の世界的経済の失速は違う形でのそれなのかもしれません。
しかしその犠牲となるのが何故ゆえいつも社会の底辺側に属する人々に偏るのかは解りません。

例によってまた話がそれてしまいましたね。^^;

さて次は、おそらくメイン・ダイニングだと思うのですが『ブリタニア・レストラン』です。

e0152866_1923367.jpg


“Britannia”を辞書でひくとブリテン島(英国)とフランス北西部の中世期初期の称とありました。
要するに西洋文化の中心を指すと考えたらいいのでしょうか。
それを冠とするレストランの料理とは一体どんなものなのでしょうね。

e0152866_1925357.jpg


クルーは極めてフレンドリーで我々見学者にもにこやかに手を振ってくれます。

e0152866_1932618.jpg


国籍・人種もいろいろの様ですね。
約三ヶ月の間、寝起きを共にする仲間ですからね。こういったクラスの客船で働けるのは彼らの誇りであると同時に相応のスキルと資質、そして何より船と
海が好きであることが前提なのでしょうね。

e0152866_1943314.jpg


2層を抜いているので天井も高くエレガントで美しいですね。

-CONTINUE-

by ippoippoiku | 2009-03-20 18:58 | Queen Mary 2 | Comments(0)
2009年 03月 18日

Queen Mary2 2009 寄港 part4

e0152866_1832424.jpg


今年のワールドクルーズ(約3ヶ月)は、アメリカのフォート・ローダデール(フロリダ州)を1/13に
出港した様ですので横浜はすでに日程の後半半ばってところでしょうか。

短時間の寄港で雨だと下船して観光する気にもなれないでしょうね。

窓辺でぼんやりと外を眺めている御婦人を見掛けました。
これまでの人生を振り返っているのでしょうか、それとも残してきた子どもや孫達のことを
思い浮かべていささかセンチメンタルになっているのでしょうか。

物思いにふけっている旅人は邪魔しない方がいいのですが、印象的だったので写真を
撮る諒解を貰いたくてそっと声を掛けてみました。

ippo:” E …Excuse me.  May I take a picture ? ”
     もっと丁寧に “Would you mind if I take a picture ? ”と言った方が良かったかな。^^;

Madam: ” Me ? ”

振り返ったマダムに、こんな感じであなたの後ろ姿を入れて撮りたいのだと両手を
広げて示すと...

Madam:” OK ” 
  
-カシャリ-

ippo: ” Thank you.  Have a nice day~. ”

Madam:” You too~. ” 

このマダムは数時間後には横浜を後にします。一言二言とは言え、遠い異国から船でやってきた
マダムとこうして言葉をかわせたのは単なる偶然にすぎないのだろうかという気がしてきます。
私がたまたまこの日に乗船できたことを考えるとなおさらで、ちょっと不思議な気がしました。
まさに一期一会とはこのことですね。^^

“ Have a nice cruise of your life !  ”  と気の利いた一言を言える語学力の無さを悔いました。^^;

-CONTINUE-

by ippoippoiku | 2009-03-18 18:29 | Queen Mary 2 | Comments(0)
2009年 03月 14日

Queen Mary2 2009 寄港 part3

e0152866_23463868.jpg

ここはDeck-3の船尾にある『クイーンズ・ルーム』です。
洋上最大規模のダンスフロアのあるボール・ルームだそうです。

e0152866_23471474.jpg


シャンデリアが輝くダンスフロアでは華麗な舞踏会が開かれるのでしょうね。
クルーズに参加したとしても私には縁がなさそうな場所ですがこの機会に良く見て
おくことにしましょう。^^

e0152866_23475197.jpg


説明によると、夜はオーケストラによるキャバレー・ショーやダンス・ショーなどがあり
昼間はダンス教室も開かれるとか。

e0152866_23482292.jpg


船全体に言えるのですがクラシカルな良さとモダンなところが巧みに融合しているところが
いい感じだなと思いました。

e0152866_2349996.jpg


格調の高さの点でも庶民は足がすくむって程ではないところもいいですね。
もっとも我々には見せて貰えない超豪華な場所もある様ですが…

欧米先進国ではリタイアしたらご夫婦でクルーズに参加するのはなにも富裕層に限った特別なこと
ではない文化が定着している様に思えます。
ワールドクルーズ(約3ヶ月)の代金が200万~2000万円の範囲であることにもそれは伺えますね。
あくまで金銭的な意味においてですが一つの尺度として見れば人生の成功の度合いがこのランクに
出るのかも知れません。

最もエコノミーなクラスが一人当たり国産中型車一台の価格に相当しますがこれを高いと
考えるかは価値観の問題かも知れません。

e0152866_23493847.jpg


外は雨ですね。
せっかくの横浜への初寄港ですが、これでは乗客の皆さんも出掛ける気になれないかな。

-CONTINUE-

by ippoippoiku | 2009-03-14 23:43 | Queen Mary 2 | Comments(0)
2009年 03月 08日

Queen Mary 2 2009 寄港:part2

船好きではありますが、特に船に詳しい訳ではありません。
今回も予備知識無しに参加したので、もし詳しい方がこの記事を読まれて
間違っている様でしたら教えてください。

今回の見学会は、1時間の予定でしたので主なパブリックスペースを一通り
見せてくれたって感じでした。

最初に向かったDeck-3はレストランや劇場で占められている様でした。

e0152866_12295089.jpg


ここはちょっと気軽な感じのピアノ・バーの様でした。


e0152866_12302659.jpg


ここは船中央にある2層吹抜けのグランドロビーに向かう途中にあったフォト・ショップです。
後で調べてみたらプロのカメラマンが撮影した船内写真の展示販売をしている様でした。

それにしても船内とは思えない広さですよね。^^


e0152866_12311989.jpg



ちょうどいいところに模型があったのでここで例によって飛鳥Ⅱとこのレディを比較
してみましょう。

e0152866_12325331.jpg



   <QM2>                    <飛鳥Ⅱ> 
   ・総トン 数:151,400トン ⇒約3倍     :50,142トン  
   ・全 長:345m  ⇒約1.4倍         :241m   
   ・全 幅:41 m  ⇒約1.4 倍         :29.6m 
   ・乗客定員:2620名              :800名           
   ・乗 員 数:1253名               :440名   
   ・客 室 数:1310室               :400室
   ・船 籍:英国(サウサンプトン)        :日本(横浜)  
   ・運航会社:キュナード・ライン(米国)   :郵船クルーズ(日本)

今回の入港で問題だったのは海面からの高さでした。
横浜港に入港する客船は通常、ベイブリッジをくぐり、CIQ等の施設の整った客船専用の
大桟橋に接岸するのですが、QM2はベイブリッジの制限高さ56mをはるかに超えて62mありました。
この為、コンテナ船等の貨物専用埠頭に接岸しました。


e0152866_12333461.jpg


現女王夫妻のお若い頃の肖像画でしょうか? それとも船名となったQueen Maryなのでしょうか。
船内には肖像画や写真がたくさん飾られているのが印象的でした。
先代のQueen Maryからの著名な乗客やショーのスター達だったのかも知れません。

-CONTINUE-

by ippoippoiku | 2009-03-08 12:27 | Queen Mary 2 | Comments(0)
2009年 03月 07日

Queen Mary 2 2009 寄港:part1

e0152866_18433552.jpg


この日を2年間待ち続けました。
なのに…昨日は晴れて・・・明日も晴れるというのに今日に限って雨。
がっくし (ーー)

e0152866_18441637.jpg


しかし・・・ 今回は幸運にも乗れたんです。^^

e0152866_18444695.jpg


乗船すると直ぐにセキュリティーチェックです。
空港と同じですね。
警備の女性からボディチェックを受けられなくてちょっと残念。 ^^;
写真は無事通過後に撮影したものです。

e0152866_18451669.jpg


エレベータホールに向かう壁にあるデッキ表示板です。
壁面は全体的にマホガニー調が基調の様です。
船には内装材の違いによる特有の匂いがありますが、そこはかとなく漂う香りには
さすがに高級感があります。
間違っても小さな船に有る様な燃料油の臭いはしませんでした。^^

e0152866_18453976.jpg


エレベータでDeck-3へ向かいます。右端の女性が今回案内してくれました。
さあ、いよいよ見学開始です。

-CONTINUE-

by ippoippoiku | 2009-03-07 18:41 | Queen Mary 2 | Comments(0)