一歩の写真散歩

ippoippoik.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 23日

幸せの総量

e0152866_9511687.jpg

時々、ふと囚われる思いがあります。幸せの総量は皆同じなのではないのだろうかと...。

技術の世界で長年生きてきたので馴染み深いのですが、物理にエネルギー保存の法則というのがありましたね。定義の文言は定かでなくなってきましたが
"独立した系内のエネルギーの総量は変化しない"というあれです。これと同じで肉体的、精神的エネルギーも個人という系内においては減りもしなければ増えもしないでただ形を変えるだけではないのかと。幸福というプラスのエネルギーが生じる一方で不幸というマイナスのエネルギーも生じ総じてプラスマイナス0で均衡する様に思えるのです。
成功者とか英雄と呼ばれる人も若い時の不運を乗り越えて晩年に大成する人もいれば若くして成功し富を築いても身を滅ぼす人もいます。
ここで気になるのが時間ですね。ではいつ均衡するのか。来世を含めると無限になってしまうし自分の力が及ぶものでもありませんから生まれた時からこの世を去るまでと考えるのが自然でしょうか。

幸福感は多分に相対的なもので苦難に遭遇している人をみて自分は恵まれている、幸福だと感じることもあれば、物理的でも精神的にでも何かを得たことで感じるものでもあります。待ち望んだ幸福をようやく手に入れても時間の経過とともに満足感は薄らいでいきます。また個々人の価値観でも幸福感は異なってきます。大きな幸福感に一時包まれるのもいいでしょうが小さな幸福でいいから持続的に満たされ、避けえないのであれば一つ一つの不幸は願わくば小さくあって欲しいものです。
生涯を終える時、少なくともまあまあの人生だったなと振り返りたいものです。 心掛け次第では神様がご褒美に人生の帳尻をプラスにしてもらえるかも知れません。天の配剤は時として理解し難いこともありますが。^^


【撮影後記】広角のAPS-C レンズをフルサイズ機に装着しワイド端(11mm)で撮ったものです。フードが被ってケラレたのがちょっと面白かったのでアップしました。

by ippoippoiku | 2013-05-23 09:48 | opinion | Comments(2)
2013年 05月 12日

洋上の街 寄港 rev.1

e0152866_1021544.jpg

見学船が山下公園の岸壁を離れて10分、洋上の街と呼ばれるそのメガシップは貨物船と倉庫の屋根越しに突然現れました。

e0152866_10181456.jpg

その名は、"Voyager of the seas" 13.7万トンの巨大客船は、種々の制限で2009.2010年寄港のQueen Mary2 (QM2)に続き
貨物埠頭に繋船されました。全長311m、全幅48m、高さが63mありボリューム感があります。
比較するものが写ってませんが、近づくと大きなマンションを見上げている様な錯覚に陥ります。今にもベランダに奥さんが洗濯物干しに出てきそうな...^^


e0152866_1018245.jpg

白い船体にブルーのストライプ、黄色のテンダー・救命ボートカバー、ライトグリーンの上部窓と配色のセンスも良くグラマラスながら美しい船です。
e0152866_1023594.jpg

2010年に寄港した時、同じ場所で撮影したQM2です。14.8万トン、全長345mでボイジャーよりやや大きめです。
船会社のコンセプトや伝統の違いはありますが、どちらも魅力的な船ですね。

女王の名を船名とし貴婦人の趣のあるQM2と冒険的で挑戦的なヤングレディーの感のあるボイジャーといったところでしょうか。しかし
2004年就航のQM2に対しボイジャーは1999年ですからお姉さんなんですけどね。^^

時間軸で見ればこれから船齢を重ねた時、どちらの魅力が色褪せないかといったら、デザイン的にトラディショナルなQM2に軍配が上がる
のではないでしょうか。あくまで個人的な意見ですが。^^
2009年寄港時、QM2に見学乗船できたのですが内装材の質感をはじめインテリアが他と一線を隔している様に感じました。

ボイジャーは写真でしか内部を見たことがありませんが、何層かを吹き抜けたショッピングモール、劇場、プールは当然としてアイススケート
リンクまで備えており洋上の街とは言い得て妙だと思いました。どちらも魅力的な船であることは確かです。

e0152866_10183594.jpg

出港は大黒海釣り公園から撮りました。それにしてもでかいです。取材ヘリが、へばりついて撮影してましたが、まるで巨像にまとわりつく
ハエか蚊の様です。^^ ヘリの大きさとデッキの人影からその巨大さがお解かりになるかと思います。
ボイジャーの船首にはへリパッドもあるので航海中の急病人にも対応できそうです。

クルーズ価格の安価な外国船が、急成長するアジアをターゲットに押し寄せてきており我が国の乗船客も増え年齢層も若くなってきています。
世界一周の様なロングクルーズは金銭的にも時間的にも無理だけど10日前後ならば現役世代でも可能になってきました。
エコノミーの満席の飛行機で行き、時差ボケのまま欲張って観光地を巡り疲れ切って帰国した翌日から仕事といった旅とは違うものを求める
あるいはできる時代に我が国もなりつつあるのでしょう。

客船の世界はまさに第二の黒船到来の様相です。国内船会社も戦略の変更が急務と思われます。
だだ、メガシップが我が国に適するかは別です。カジノを持つことで低価格が可能な外国船に対抗する手立てが無い現状では船会社も
経営上、そんな愚行を冒すとも思えません。客船ファンとしては飛鳥Ⅱを超える日本船籍の大型客船を見たいのは山々ですが...。

過日、船会社の方が話されてましたが、2万トンクラスで地方港や離島での着岸のハードルを低くした新造船の計画もあるようです。
どちらかと言うと私もその方が我が国に適している様に思います。多少割高でも上質なクルーズを好む客層は常にあると思います。嗜好や年齢
そして懐具合で自由に選べたらと思います。
安いのは魅力ですが、行きたくもない隣国に寄港しないと成り立たない外国船のクルーズはどうも...まして友好的でない国には。^^ 

もちろん大型外国船の受入れを促進する手立てと所有が難しいならば我が国が得意とする建造技術で新造船の受注に注力するのも
クルーズ新時代の潮流に乗ることかと思います。
ちなみに現在、世界最大の客船"オアシス・オブ・ザ・シーズ"22.5万トンの建造費は1350億円だったとか。高度な造船技術がありながら我が国で建造しないのは残念ですね。


e0152866_10184749.jpg

航路に入り速力を増して遠ざかって行きます。次の日本寄港は9月に東京大井埠頭が予定されています。東京もレインボーブリッジをくぐれない
というハンディがありますが、やはりメガシティ東京が優先されるのでしょうか、残念ですね。

5万トンクラスの客船1隻の入港による経済効果は約2億円とのことです。昨年の横浜入港客船は115隻で日本一なのですが、今後も外国船の
カジュアル化、大型化が進むと予想されます。横浜の経済、観光資源としても客船は欠かせません。
時期を逸せずにベイブリッジをくぐらなくて済む新たな大型客船施設の整備が望まれます。


e0152866_1019460.jpg

撮影を切り上げる時、お見かけしました。いい光景だったので後ろから失礼しました。潮風に吹かれてきっといい時間が過ごせたこと
でしょう。このご夫婦の人生行路にもBon Voyage!


by ippoippoiku | 2013-05-12 18:32 | 港・船 | Comments(2)
2013年 05月 02日

新緑萌えて

e0152866_1119399.jpg

新緑が眩しい季節となりました。天気も良いので朝散歩に出かけました。
世の中は大型連休の真っ只中ですが休職中だとその実感はありません。 生き方を変えたら時の過ぎる速さも、目にするものに
反応する自分自身も少しずつ変わってきている様に感じます。

自転車で先を急ぐ少年は朝連でしょうか。視界の中を一瞬、赤い色が駆け抜けたので思わず振り返りシャッターを切りました。
仕事の最前線を離れて客観視できるようになると好むと好まざるとに関わらず自転車を漕ぎ漕がされる如く目的に向かってひた走る
のが現役社会の姿なのかなとふと思ったりしました。
幸運や才能に恵まれた一握りの人や多大な努力でやりたい仕事に携わっている人以外の大半は生きる為に働いている訳ですが
自ら望んだ仕事でなくてもやりがいを見出しプロ意識を持って働くことは尊いことだと真に思います。
私自身、一番やりたい仕事に携わってきた訳ではありませんが、同じ仕事でもやる人によって結果に差が出るので自分の表現手段
と考えて取り組んできました。何も芸術だけが自分の表現手段ではありません。仕事の制約の中に自分らしさを盛り込み結果を
出して評価されることが、やりがいになっていた様に思います。


e0152866_11194837.jpg

目を転じると、お孫さんの手を取り、草花の名前を教えながら散歩する私よりいくらか人生の先輩の姿がありました。
そこにはほのぼのとした穏やかな時間が流れていましたが、後ろ姿に幸福感と寂しさが同居している様にも感じました。
半リタイア状態の微妙な我が身が処し難く複雑な思いに駆られました。


e0152866_11195797.jpg

建物は野口英世記念公園内にある100人程度収容できるコンサートホールのある長浜ホールでお気に入りの散歩コースにあります。
窓枠の緑色はこの時節に調和することを意図したかの様に周囲に溶け込む配色だなと改めて思いました。


e0152866_11202273.jpg

野口英世博士ゆかりの細菌検査室にも朝の優しい光が射しこんでいました。
新緑眩しい朝の一人散歩は、取り留めもなく色々な思いが頭をよぎるひと時でした。


by ippoippoiku | 2013-05-02 11:49 | seasons | Comments(2)