一歩の写真散歩

ippoippoik.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 27日

土漠の花

e0152866_09172781.jpg



著者:月村了衛
出版:幻冬舎


初めて読む作家でしたが、帯の ”自衛隊は何を守るために戦うのか? ”
自衛官は人を殺せるのか? という強烈な問いと著名人の書評に
つられて買ってしまいました。


中東での人質事件が起こる前に手にしたのですが、いささか不謹慎な
言い方をすれば
ある意味タイムリーな小説を期せずして読むことに。


否定的ではなく自衛隊の海外での活動が今後さらに増えるとこの小説
の様な事態が今後起こり得る、そんなことを想起させられました。
と同時に派遣することへの国家、国民の覚悟も問われている様にも。


物語は現実に現在でも続けられているソマリアでの海賊対処行動に従事中
の陸自の小隊が墜落ヘリ捜索救助活動中に氏族間の争いを逃れてきた女性
を救助するところから始まります。


現行法制下では邦人の救助さえままならない中での外国人の保護救出。
おそらく上層部としては起きて欲しくない事態であったことでしょう。


小説は現場目線で描かれており解決するまで上層部は出てきません。
士官の指揮官と通信手段を失なった中、生き残った者の中から新たな
指揮官を決めて必死の行動が始まります。

意図せずして部族間の争いに巻き込まれ、追手との壮絶な戦いを余儀なく
される隊員達。
そんな中で明らかになる過去の隊員間の確執、何の為に
誰の為に戦っているのかという自問自答。そして守るべきものを守る為の
自己犠牲。書の帯にある号泣小説かはともかく、こみ上げてくるシーン
が何度もありました。


小説を離れて考えるに、中東問題は歴史的な部族間の争いに石油が絡み
宗教、価値観を異にする欧米社会が介入する様になって増々混迷の度を
増し今日に至っている様に思えてなりません。
できるならば関与を避けたいところですが資源に乏しい我が国の存続に
とって中東の安定が欠かせない以上そうもいきません。
もっと前向きにとらえるならば宗教的にも民族、人種的にもどちらにも
組みしない我が国だからこそできることがあるとも言え、これまでも
国と民間の地道な支援で信頼を得て友好な関係を築いてきました。


現実に派遣される彼らにも当然のことながら家族があります。
命を賭して任地に向かう彼らには国民の理解と支持、尊敬をもって報い
たいものです。そして可能な限り身を守る物的、法的整備をもって彼らに
応えねばなりません。


戦後70年の節目となる今年、今国会で議論となろう集団的自衛権と安全保障
関連法の整備
の行方に注目したいと思います。


最後に著者には申し訳ないですが、ミリタリーマニアでない者にとっては戦闘
シーンの描写が長く
知らない軍事用語が多用されているところがちょっと
辛かったですね。でも戦闘のリアリティがこの小説で描きたかった核心部分を
浮かび上がらせるのに必要だったのだろうと解釈しました。
興味を持たれましたら一読下さい。




by ippoippoiku | 2015-01-27 10:24 | books | Comments(0)
2015年 01月 21日

図書館

e0152866_02163845.jpg

リタイアを機に整理していたら長年使っていない図書館カードが出てきたので更新に出掛けた。
社会人になってから最後に図書館を利用したのはいつのことだったろう。遠い昔、昇格試験や
資格試験の勉強で訪れて以来の様な気がする。

e0152866_02230304.jpg

自習の場所としてはともかく、インターネットで容易に情報が得られる様になったことや若者の活字離れも
あり図書館の利用者が年々減少していた様であるがこのところまた増えてきているらしい。

それ自体は喜ばしいことであるが、その訳にはどうかと思えることもあるようだ。
それは利用者を増やす為であろうが、ベストセラーを大量に仕入れて貸出している様なのである。
そして今、その弊害で全国で閉店を余儀なくされる書店が増えているらしい。

もちろん図書館の変容だけが原因ではなくネット通販の普及も一因であろうが、税金で運営されて
いる公立図書館のあり方としてはいささか疑問に思うのだが。

流行作家の新刊本をいち早く読みたければ身銭をきるのが本来あるべき姿ではなかろうか。
この図書館も同様なのかは解らないが、度を過ぎた住民サービスはどこかにしわ寄せが来る。

e0152866_02273071.jpg
懐かしい図書館独特の匂いに包まれて書架を眺め歩くとネット上を流れては消え去る上澄みの
様な情報とは異なる知識や知恵、感動が詰まった一冊一冊の背表紙からあなたの求めているものは
この中にありますよと囁く声が聞こえて来る。それはあながち還暦を迎えてから時折り聞こえる....
様な気がする空耳ではなさそうだ。^^

世の中的には旬を過ぎた本でも自分にとっては今だからこそ出会えたと思える一冊がそこに佇んで
いる。そんな本と巡り会えるのも図書館の魅力である様に思う。

  
e0152866_02293045.jpg

早速、更新したカードで赤瀬川原平氏の写真集を借りてこの日は辞した。
温故知新、これからの本との出会いが楽しみである。































by ippoippoiku | 2015-01-21 02:56 | opinion | Comments(0)