一歩の写真散歩

ippoippoik.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 26日

港の顔

e0152866_16165099.jpg

港の風景として何を思い浮かべるかと問われてふと浮かんだのはこの光景だった。
午後4時前に接岸したこのリベリア船籍のフルコンテナ船は夜11時半に出港予定の様だ。

この巨大なガントリークレーンのオペレータは通称 "ガンマン"呼ばれるらしい。
物流の最先端、余程コンピュータ化が進んでいると思いきや、この呼び名が表す様に意外と
高度な匠の世界の様だ。数十トンのコンテナを吊上げ素早く積載位置まで運び、揺れを最小限に
抑えて止める技には唸った。正に時間との闘いだ。

TV番組"プロフェッショナル"で紹介され興味をそそられ二度程観た海上物流の最先端。
港の花形ではあるが、重い鋼鉄の箱を一日に数百個扱う危険な職場である。番組で紹介された方も
かつて死亡事故を経験し悩み、辛い思いを乗り越えて復帰したとのことだった。正に心技体の調和が
要求される厳しい職場だ。

この仕事に就くにはコンテナ埠頭の全ての車両のライセンスを取得し経験していなければ
ならない。番組の中でその理由が良く解るシーンがあった。雪で視界が悪く荷役が遅れがちな
状況の中、コンテナを受けるトレーラの到着が遅れる。
出港時間が迫る中、苛立って当然の状況であるが、取材スタッフに話すでもなくぽつりと
" 雪で滑りやすい中、運転手も目一杯で走ってくるんですよねえ...。"

船に積載するまでの一連の仕事を経験していることでそれぞれの持ち場の思い、苦労を
知っている。彼は遅れて到着したトレーラの運転手に苛立ちの言葉を吐くこともなく
コンテナをいつも以上にゆっくりと優しく荷台に下ろした。苦労を共にする仲間への
労いと思いやりを示す彼なりの流儀であろう。

今夜も煌々とした照明の下では物流のプロ達が出港に間に合わせるべく黙々と荷役に励んで
いることだろう。遠くて見えないが流れる様なチームワークで荷をさばく男達の姿が目に浮かんだ。

表面的な印象だけでシャッターを切るのではなく一歩踏み込んで被写体を理解することで
また違った写真が撮れるのかも知れない。

(後記)
撮影場所の構図の制約と風の影響もありピンが上手くとれませんでした。
またチャレンジしてみたいと思います。



by ippoippoiku | 2015-02-26 18:09 | 港・船 | Comments(2)
2015年 02月 18日

日の名残り-逃月

e0152866_16342892.jpg

2月は逃げ月と言われますが気がつくともう半ばを過ぎてしまいましたね。

日は長くなってきましたが月日の経つのは年を重ねるごとに早く感じます。

でもそれは幸せだからだとか。確かに辛い時はいつまでも居座ろうとし楽しい

時はあっと言う間に過ぎていきますね。

しかし締切間近のやらなければならないことを抱えている時は例外の様です。

人の感覚とは身勝手でいいかげんなものです。^^

確定申告の受付も始まりました。3月は去り月、そろそろ本腰を入れないと....。


後記:撮影時のWBは自然光で琥珀色の温かみのある色合いでしたが電球に変更して
   現像してみました。どちらも好きですが変化が欲しくて。
   
   タイトルは、英国の名優"アンソニー・ホプキンス"主演の"日の名残り”からとりました。
   しっとりとしたいい映画でした。観たのはもう20年ぐらい前だったでしょうか。
   NHKで放映中の"ダウントン・アビー"を観ていてまた観たくなりました。

   
   




by ippoippoiku | 2015-02-18 17:48 | 夕景・夜景 | Comments(2)
2015年 02月 14日

海を見ていた午後-金沢沖遠望

e0152866_12412011.jpg

沖合を午後の柔らかい陽射しを浴び出港するコンテナ船。
シャッターを切った後、ソーダ水越しではないが暫しぼんやりと目で追う。

e0152866_12420781.jpg

その姿はどこか重荷を背に生きる人の姿にも重なる。
次の港で、人生のネクストステージで荷は少し下ろせるのだろうか
それともさらに背負うことになるのだろうか。
じれったいくらいもどかしい船足で海原の向こうに消えていく後ろ姿は
どこか感傷的でどこまでも優しい。


*1枚目手前の標識灯の印象が強すぎたのでモノクロームに変更しました。




by ippoippoiku | 2015-02-14 02:18 | 横浜-2 | Comments(2)
2015年 02月 07日

浅春

e0152866_00575489.jpg

所用の帰りに見掛けました。
メジロはウグイスの様な美声ではありませんが目が可愛らしいですね。
庭木の枝に串刺された蜜柑の輪切りにお住まいの方の優しさが感じられたので成り代わって下手な
句をひねってみました。^^ 
そっと開けられた窓の内にはきっと花鳥を愛でる優しい笑みがあることでしょう。




by ippoippoiku | 2015-02-07 01:17 | seasons | Comments(2)